やはり達成感はヒルクライムです。

ロードバイクに乗り始めたら、自然と山間部に走ることが増えます。つまり「坂道」を登るということです。
初めて上り坂を登るとき、「なんでこんなにつらいのか」と思うこともあるはずです。
ですが、慣れてくると何とも思わなくなるようになり、ついにはさらに厳しい坂を求めて、鍛えようとします。
歩いて登るのもつらそうな厳しい急こう配の坂を制覇できた時の達成感は、言い表せないほどのものがあります。
この達成感を味わいたいがために、ひたすら坂道だけを走るライダーもいるようです。

ヒルクライムには、レースなどとは違う魅力が存在します。
ただし、坂がつらいことには変わりません。
ロードバイクに乗っているのであれば、是非ともチャレンジしてみてはどうでしょうか。

正しいフォームで巡行維持

巡航速度を上げるには、正しいフォームで、効率のいいペダリングをやります
はっきり言えば、この二つしかありません。

この二つはロードバイクにおいて様々な説、方法があり、とても一概には書ききれるものではありませんので割愛します。
書籍やブログなどを参考にして、自分の体に合ったフォームでやるのがベストです。

また、大前提として使うロードバイクが自分の体形、体格に合っているのも当然です。

当たり前のことでわざわざ書くまでもないことですが、それほどまでにこの二つが重要なのです。
例えば正しいフォームでは、初心者だと前傾姿勢がつらく、サドルを前めにしたり高さを低めにしていたりすることが多いです。
その姿勢だと体が起きている形になり、空気抵抗が上がって速度が思うように上がりません。

また、フォームが正しくないとペダリングでも力のロスが生まれてしまい、無駄にスタミナや足を消費してしまうのです。

これらを改善することが、巡航速度の向上につながります。
是非とも研究を続けて、技術を上げていきましょう。

ロードバイクには集団走行が要

ロードバイクのレースは、初心者クラスでのカテゴリーでも平均40キロ近くの速度で常に走り続けられています。
時速30キロを維持するのもやっとな状態ではとても追いつけず、息も絶え絶えで最後尾を走ることになり、レースにならないと思われるかもしれません。
それはなくとも、抜きつ抜かれつ、オーバーテイクとは一切無縁になるのでは、と思われそうですが、実はそんなことはあまりありません。

なぜなら、風の抵抗があるためです。

ドラフティングですね。

集団で走っていく中で、トップについて引っ張り続ける選手と、その後ろにつく選手とでは、後ろの選手のほうが風の抵抗を受けないためより速度が高まりやすいのです。
ですので、例え最後尾だとしてもぴったり張り付けられれば、一気にスパートをかけるなどでぬかせるチャンスは十分あるのです。

ただし、集団から落ちれば単独で走ることになり、非常につらい戦いを強いられます。
巡航速度の向上はレースでも重要なカギを握るので、是非ともトレーニングしてみましょう。